2008年4月下旬から2010年2月下旬までメルボルンで生活。現在日本で今後の自分を模索しています。そんな中で起こった・感じた出来事をつらつらと書いていきます。
ゆきぼんのとりあえず書いてみよう
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェイクmiso soup
2009-02-26-Thu  CATEGORY: 調理実習
今日は木曜、Spencer先生の調理実習の日。
でもって、今日で一応基本はおしまいです。
今日は
・パンプキンクリームスープ
・味噌汁(でも日本っぽくない)
・パンナコッタ
を作りました。

でもって、木曜の実習は自分のおなかに消えるので、写真はありません。すみません。。。
今日作ったものは全て明日のベーカリーに並びます。

味噌汁ですが、
「白味噌が欲しかったんだけど入手できなかったので、今日は赤味噌を使います。赤味噌の方が辛いので味噌の量に気をつけるように」
と言われたので、気持ち薄く作りました。(私は生粋の日本人なので、日本人テイストにするときっと「辛い」と言われるだろうな思って)

味噌汁を作るときに使うダシですが、さすがにかつおぶしやこんぶを使って最初から作ることはなく、そのかわりだしの素を使いました。

で、先生から質問が。
「だしの素1袋に対して水がどれくらいいる?」
だの、
「乾燥わかめを戻すのに水を使う?それともお湯?」
だのきかれました。
(クラスに日本人がいるのをいいことに聞かれたって感じ・・・。)

そのだしの素は10gだったので、水1.8Lくらいと答え、
わかめは早く戻したいならお湯を使ったほうがいいですよと答えておきました。


「みんな、スープが出来たら味見るから、持って来いよ~」

ということで、塩分控えめのパンプキンスープ、西洋人好みの薄い味噌汁を持っていき、クリアしました。
(パンプキンスープは「ちょっと薄い」と言われましたが)

で、もちろん自分の味噌汁には味噌を足して自分好みの味にして飲みました。。。

そろそろ片付けに入る時間になったころ、次の実習の先生が現れて味噌汁を飲んでいました。
そこにちょうど目をつけられ、さっそく今回のレシピに載っている味噌汁についてどう思うか感想を言わされました。。。
「個人的にはちょっと薄いと思うので、少し味噌を足すか、だしをもう少しいれるかしますね。」
と言うと、その先生は日本で味噌汁を飲んだことがあったらしく、「やっぱりそう思う?」と言われました。
もしかしたら、この一言のせいで来年レシピの量が変わるかもしれませんw

さて。
調理実習も6回やると、さすがにいろいろ出てきます。。。
オトナ軍団(と勝手に呼んでいる)はタバコを吸うので、休憩時間に外で話していたりするのですが、みんな思っていることは一緒でした。
クラスは最初16名と聞いていたのですが、実際コンスタントに来る生徒は12名ほどで、今まで1回も顔を出したことのない生徒が3名います。(1名はたまに来るが、実習には来ない)
で、その12名が10代の若者グループ、20代+30代のオトナ軍団に分かれます。

休憩時間に話していた内容としては、
・手際が悪い子(たち)に限って先生の話を聞いていない、先生のお手本をきちんと見ていない
・その手際が悪い子(たち)を手伝ってあげても、全然感謝の気持ちがない
・その手際が悪い子(たち)は、さらに厨房の後片付けさえ進んでやらない
(私が「働き者」と言われたゆえんがここにあります。つまり、彼らがサボる分を手際がよいグループがやっているわけです)

で、やっぱり出たあの一言。
「あの子、魚のにおいがキライだの何だのでまともに料理できていないけど、何でここに来ているのかしら」

うわー言っちゃったよ。
でもって、「あの子」とは24歳の女性で、調理実習はまともにこなせないわ、座学ではヨダレ垂らして寝ているわで、確かに何のために来ているのかと思ってしまう子です。
彼女は別コース(パティスリー)も取っているんですが、そっちも大丈夫なんでしょうか??余計なお世話??

私はとりあえず「手際のいい、きちんと後片付けを進んでやってくれる、メルボルンに来てまだ年月の浅い日本人」という風に映っているみたいです。
(スピーキングの件も「だってまだ来て1年でしょう?しょうがないよ。でも、来て1年の割には話せている方だよ」とフォローを入れてくれるクラスメイトに感謝)

次回からも気が抜けませんよ~
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントayatin | URL | 2009-02-27-Fri 01:29 [編集]
てんぴゅーらにミソスープ!随分日本食もインターナショナルになったものだわねー。
私が学校に通っていた頃は、日本人は(フランス人の好みに対して)皆薄味好きで、フランス料理を作る場合は、物足りないような間抜けな味になりがちなので、気をつけるように言われたわ。

私はレストランで働き始めた頃でさえ、フランス語は怪しかったけど、まじめに働く日本人としていつもちゃんと評価してくれたと思うなー。
ネイティブで不真面目、口だけでテクニックだって!?!?より、きちんと学ぼうという意欲があって少しボキャブラリーが足りない人のほうが、一緒に働きたいと思われると思う。

ayatinさんへ
コメント管理人 | URL | 2009-02-27-Fri 05:30 [編集]
> てんぴゅーらにミソスープ!随分日本食もインターナショナルになったものだわねー。

やはり移民の国オーストラリア、といった感じなのか、習うレシピも若干他国料理が入ってくるね。ただし、西洋アレンジになるけど。v-403

breakのときに台湾から来た子と話していたんだけど、「私たちの味よりも、コンシューマーの味を優先しないと、食べてもらえない。だから、自分たちの国の料理屋があっても、本当の味にならない」
と言ってお互い納得していたんだ。
(「今日習った味噌汁ってあんな味なの?」ときかれたので、「街の台湾料理屋の味は家の味と同じ?違うよね。それと同じ」と答えたところからこういう話になった)


> 私が学校に通っていた頃は、日本人は(フランス人の好みに対して)皆薄味好きで、フランス料理を作る場合は、物足りないような間抜けな味になりがちなので、気をつけるように言われたわ。

間抜けな味・・・v-390
フランス料理はしっかり味ついているイメージがあるね。
先生のデモで「塩適量」と書いてあるのに、塩が自分で思っていた量よりも多かったんだよねぇ。(それはフランス料理ではなかったけど)

> 私はレストランで働き始めた頃でさえ、フランス語は怪しかったけど、まじめに働く日本人としていつもちゃんと評価してくれたと思うなー。

ayatinは真摯だもんね。ちゃんと評価してくれたでしょう。v-290

> ネイティブで不真面目、口だけでテクニックだって!?!?より、きちんと学ぼうという意欲があって少しボキャブラリーが足りない人のほうが、一緒に働きたいと思われると思う。

そう思われるようになりたいですな。
とりあえず、調理実習中は何か私が洗い物や片付けをやると男子が手伝ってくれるので、助かってます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 ゆきぼんのとりあえず書いてみよう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。